---------------------------------
詩のようなものを書いています。
気が向いたときにぽつぽつと。
---------------------------------
2018/5…久々に更新
Calendar
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
NewEntry
Profile
Category
Archives
Comment
Search
Link

Et cetera
----------------------------
CLAP!



Favorite
Mobile
qrcode
Sponsored Links






<< 羨望のありか。 main 失墜 >>
呵責の道


暮れていく道々の
陰になる場所に
いつも背を預けていた


折れて傾くように泣く
君の隣で
何かを変えることも
癒すこともできない

わたしの無力を
誰も責めはしないけれど
影はいつも踏んでいた
それを忘れられはしない


暮れていく道々に
陽が当たるまでは
ここにいようと決めた

振り絞るように笑う
君の隣で
何かを守ることも
与えることもできない

わたしの無力が
誰かを傷つけはしなくても
血はたえず流れていた
それを忘れられはしない


わたしが
わたし以外が

覚えている分だけ
忘れられはしない



 


 押して頂けると励みになります。
2016.04.25 Monday 23:42
言葉をならべたもの comments(0)
スポンサーサイト


 押して頂けると励みになります。
2018.05.22 Tuesday 23:42
- -
comment




/PAGES