---------------------------------
詩のようなものを書いています。
気が向いたときにぽつぽつと。
---------------------------------
2018/5…久々に更新
Calendar
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
NewEntry
Profile
Category
Archives
Comment
Search
Link

Et cetera
----------------------------
CLAP!



Favorite
Mobile
qrcode
Sponsored Links






<< トレード コース1・『転換』2 main トレード コース1・『出会い』4 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



 押して頂けると励みになります。
2018.05.22 Tuesday 
- -
トレード コース1・『異邦』3



 いや、まさか。夢だ。これは。なんで、おれが、こんなファンシーな部屋でピンクのカーテン握り締めてなきゃなんねえんだ。気持ち悪いものを放りだすようにして、カーテンを離す。
 これは夢だ。夢なら起きなきゃ、あと二駅くらいで家についちまう。
 カーテンからふらりと離れて、無意識に布団を握り締める。
 どうする?そうだ。夢かどうか、手っ取り早く確かめる方法があったよな――。
 古風だな、なんて冷静に考えている自分がいたけど、とりあえずそれは無視した。

 思いっきり、右頬をつねる。しばらくそのまま、うごけなかった。焦りにも似た悪寒が、足先から這い登ってくる。
「痛ぇじゃん」
 痛かった。痛いってことは、ここが現実だってことだ。
「うそだろ……」
 嫌な汗が、ぶわっと吹き出した気がした。
「もー!いつまで寝てるの。チヨ!」
 怒声とともに、いきなりドアが開いた。反射的に身体をすくませて振り向く。
「もう、ケイくん先に行っちゃったわよ。今日はケイくんの誕生日だから、って夜遅くまで準備してたんじゃないの?ホラ、早く起きて起きて。布団干すんだから!」
 いかにも、お母さんといった感じのオバサンが、怒涛の勢いで部屋に踏み込むと、怒涛の勢いでまくしてた。呆然として見つめるおれのことなどお構いなしに、布団を掴みあげるとカーテンと窓を勢いよく開け放つ。
(なんだ。なにがどうなってんだ。ここはどこだ)
 頭の中でうずまく疑問が、胃の中のものもかき混ぜているみたいだった。
 兎にも角にも、目の前のオバサンに疑問をぶつけようと口を開くが、オバサンの大きな声がそれを見事にさえぎる。
「なに、ボサーッとしてんの!起きなさいってば、遅刻したいの?」

(か、考える時間もくれないのかよ!)
 泣き出しそうになりながら、言われるまま部屋を飛び出した。見覚えのない廊下を見渡して、階段を見つけるとすぐさま駆け下りて、今度は玄関を探す。
 とにかく、ここはおれの家じゃない。おれの世界じゃない。逃げなくちゃ。帰らなくちゃ。これ以上ここにいたら、いまにも頭がおかしくなりそうだった。
 そんなに大きな家ではないらしく、玄関はすぐに見つかった。だが、そこにはすでに先客があった。高校生くらいだろう。いかにも体育会系な日焼け方をした好青年が立っていた。
「チヨ」
 びっくりしたように、日焼けした顔がこっちを見る。
 だが、かまってはいられない。出口をふさいでいる図体を、渾身の力で押しのけて、玄関から外に飛び出した。


 そこは、窓から見たとおりの風景だった。
 穏やかな朝の光が差し込んで、庭の木々に照りつけている。雀がその木々にとまって、ちゅんちゅんと可愛く鳴いては羽ばたく。空は青々と晴れて、僅かに浮かぶ雲が、目に痛いくらい白い。
 なんの不思議もない、平和な朝の風景だった。
 思わず、足の力が抜ける。へたり、と膝からくず折れた。
「うそだろ……」
 おれはもう一度、そう呟いた。だけど、それでこの現実が嘘になるわけがない。
 眩暈がする。視界が一回転するみたいにグルンと歪む。それから、襲ってくる吐き気と、とんでもない倦怠感――…。
 わけがわからない。何も考えられない。おれの意識は、歪んだ視界と一緒に、そこでブラックアウトしてしまった。


 目を覚ますと、そこはやっぱりあのファンシーな部屋だった。
(悪夢だ……)
 起き抜けに、そう思わずにはいられなかった。
 いや、夢じゃない。夢じゃなかった。夢じゃなかったんだ。悪夢ならまだいい。目が覚めればそこで終わりだ。だけどこれは夢じゃない。
「あ、起きたか?」
 見知らぬ顔が、覗き込んだ。



……トレード コース1・『出会い』4へつづく……


 押して頂けると励みになります。
2007.11.20 Tuesday 22:45
トレード コース comments(0)
スポンサーサイト


 押して頂けると励みになります。
2018.05.22 Tuesday 22:45
- -
comment




/PAGES