---------------------------------
詩のようなものを書いています。
気が向いたときにぽつぽつと。
---------------------------------
>>>祝・10周年<<<
Calendar
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
NewEntry
Profile
Category
Archives
Comment
Search
Link

Et cetera
----------------------------
CLAP!



Favorite
Mobile
qrcode
Sponsored Links






スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



 押して頂けると励みになります。
2017.11.06 Monday 
- -
唯一つの宝石

 

 

とっとこ、とっとこ

あれもこれも大切だから

 

泣いてる僕も

苦しんでいる僕も

大切な大切な僕だろう

 

唯一っていう魔法なんだ

たった一つだから

ただそれだけでレアで貴重な

ひとりきり

 

君も僕もたった一つ

ぼっち、ぼっちだって

そりゃあ宝石みたいに

いっこ いっこ

バラバラで違うように

 

綺麗なんだ

 

どんな僕も

どんな君も

 

宝石なんだから

 

 

落ちても割れても

粉々になっても

 

綺麗でしょう?

 

 

とっとこ、とっとこ

どれもこれも

全部が同じように綺麗だから

 

 

 



 押して頂けると励みになります。
2017.11.06 Monday 22:29
言葉をならべたもの comments(0)
蒼天に消ゆ

 

 

言葉を与えた

幼い 小さな歓びが

天を征くのは

誰の願いだったのか

 

良く良くと考えずとも

解るべきところを

幾度も繰り返したのだ

 

愚かにも

 

 

言葉を覚えた

その端々から

取り落としていた

誰もが気づけなかった

 

 

誰もが、見向きもしなかった

誰もが、解らぬままに手離した

 

故に

 

わたしの言葉を

言葉として受けとる者がいないことは

動かしようのない事実で

そして果てしのない悲しみである

 

いつか

わたしの言葉も蒼天を征く

誰しもに忘れられるため

昇ってゆく

 

いずれ、見えなくなるほどに

高く

 

 

 



 押して頂けると励みになります。
2017.11.06 Monday 22:09
言葉をならべたもの comments(0)
塔にあらず

 

 

 

言葉を積んで積んで

見上げてみれば

何処に届くって言うのか

 

ただ、そびえ立つだけ

その滑稽な言の葉の塔

 

言えたもの

言えなかったもの

声にもならなかったもの

 

ぜんぶ積んで積んで

虚しさの量産

何処にも届かない彼らを

 

今からでも

ジェンガみたいに引き抜いて

フルスイングで投擲

 

どうだ!痛いだろ!

何せ煉瓦だ

 

どんどん崩して投げつけて

わたしも誰かも

その息の根が止まるまで

 

それでいい

本当はずっとそれが正しかった

 

言葉の使い方なら

ずっとそれが正しかったんだ

 

 

 

 



 押して頂けると励みになります。
2017.05.07 Sunday 21:26
言葉をならべたもの comments(0)
籠の鳥

 

 

ココロの何処かに

鳥籠があった

 

わたしを

閉じこめるための

檻と枷であった

 

わたしは

わたしに甘え 赦し

すべてを甘受し

 

許してはいけないものまで

盲目に与えつづけ

 

籠の中で 暢気に

受け入れられることしか

知らないわたしを

 

たしかに 育てたのだ

 

籠が錆びて

壊れる その瞬間まで

 

わたしは 自分の翼が

空を羽ばたくためにあると

 

それすらも知らずに

溶かしつづけるのだ

 

この ほそくて

頼りない翼を

 

 

 



 押して頂けると励みになります。
2017.03.31 Friday 20:27
言葉をならべたもの comments(0)
懐に仕舞う。

 

 

変容する木魂の

踏みつけにされた悪意を

懐に仕舞うのだ

 

愛おしく撫でている

その傍らで

散らばるのは

誰に顧みられることもない

虚ろの器

 

あれもそれもと

拾っていては

すぐに一杯になってしまうよ

 

その憤りも

疼くような痛みも

くまなく包んであげることなど

出来はしないのだから

 

 

変容する木魂の

踏みつけにされた悪意を

懐に仕舞うのだ

 

救いにあぶれた

彼らを拾い上げる

 

しばらく温めたところで

果たして彼らは

飛び立てるかどうか

 

その憤りと

疼くような痛みが

ほどけるように祈る

 

 

祈りながら

 

懐に仕舞う

 

 

 

 

 



 押して頂けると励みになります。
2017.03.21 Tuesday 21:36
言葉をならべたもの comments(0)
氷の風

 

 

あの氷の風は

たしかに狂っていた

 

自転車から降りた先

切り裂かれた足は

歩くことをやめた

 

言い訳は決まってる

寒いんだ痛いんだ

凍りついた此処を

歩くことができないんだ

 

アンゴラ風のマフラーは

同じ色した風になびいて

情けなく笑うようだった

 

それはそれは

哀しくなんかなかったけど

 

ただなにも見えなかった

塗りつぶされて

 

なにせ

ひたすらに狂っていたんだ

 

あの日の氷の風は

たしかに狂っていたんだ

 

 

 



 押して頂けると励みになります。
2017.02.15 Wednesday 22:02
言葉をならべたもの comments(0)
1/75PAGES >>